ビズショカ(ビジネスの書架)

ビジネス書、新書などの感想を書いていきます

『藩と日本人 現代に生きる“お国柄”』武光誠 県民性のルーツは江戸時代の藩に?

江戸時代の藩が"お国柄"をつくった

オリジナルのPHP新書版1999年刊行。筆者の武光誠(たけみつまこと)は明治学院大の教授。日本古代史、日本思想史が専攻。

しばらく入手困難な状態が続いていたが、その後、2015年に河出文庫版が登場している。現在、手に入りやすいのはこちらだろう。復刊したのはちょっとびっくりしたけど、日本人は県民性とか、こういう話好きそうだもんね。

内容はこんな感じ

均質化が進む日本社会の中でも、未だその地域ならではのお国柄は残っている。特定の地域にだけ見られる特異な慣習、気質、ことば。そのルーツはどこにあるのか。戦国時代を経て、織豊政権~江戸期に成立した藩にスポットを当て、現在にまで残るお国柄はいかなる歴史的背景を受けて成立したのかを紹介していく。

大藩はお国柄が明確化されやすい?

島津氏が治めた薩摩や、毛利氏の長州、前田氏の加賀、伊達氏の仙台等々、お国柄が色濃く残るのは、やはり同一大名が広大な領土を長期間支配し続けた地域に多いように思える。秋田、熊本、高知あたりなんかも同様の印象を受ける。国替えによる領国移動がなかった、大大名の藩は積み重ねてきた歴史の重みが違う。 

早くから集権化が進み土豪の力が弱かった畿内地方、江戸期に至っても国人(地域豪族)たちの力が強かった薩摩や東北地方。一口に藩といっても、その成立はさまざまで、鉢植えのように支配大名が変わった地域と、一貫して同じ一族が支配した地域とではお国柄は違って当たり前なのだろう。

その地域に住んでいないとこうしたローカルな歴史は知る機会が少ないので、どうせならもう少したくさんの地域についても触れて欲しかった。誌面スペース的に限界があったのだろうけど、この点は少々残念。個人的には会津編もやって欲しかったな。

ちなみにわたしは神奈川県出身だが、県民性の希薄さとしては全国屈指の都道府県と思われる。神奈川県民に出身地聞くと、横浜とか、川崎とか、鎌倉みたいな感じで、市町村名で返されることが大多数で、「神奈川!」って答える人ほとんどいないんだよね。